2018年 9月 21日(金曜日)
ホーム タグ ほてり感

タグ: ほてり感

脱保湿はいつ行うか?保湿と脱保湿、タイミングと功罪

ステロイド外用者はワセリンなどの保湿剤を使用していることがほとんどです。ステロイド外用剤と保湿剤とを併用している場合、脱ステロイドと併せて脱保湿も実践しなければ、脱ステロイドに成功する確率は低くなります。私の場合は脱ステロイド開始直後の皮膚のチクチクした痛みを和らげる潤滑剤の役割としてのみワセリンを使い、滲出液が出始めるのに併せてワセリン塗布を中止しました。この期間約3週間。それから保湿剤とも縁切りができ、脱ステロイド脱保湿に成功しました。 脱保湿を脱ステロイドに併用 回復は早い ステロイド塗布している方のほとんどが白色ワセリンや亜鉛華軟膏といった保湿剤を使用しております。保湿剤使用者が脱ステロイドを行うにあたり、保湿剤も一緒に断つことが有効である事実はまだ広く認識されているとはいい難い状況です。どうしてもステロイドを断つことにばかりに意識が集中してしまいますので、仕方のないことかもしれません。 しかし、脱ステロイドと併せて、脱保湿を行うと回復が著しく早いのです。 “脱保湿をすれば3年かかるところを3ヶ月で治せる!” という言葉は、脱ステ脱保湿経験者の格言といっても言い過ぎではないくらい、脱ステ戦士たちの共通認識となっています。 ※脱ステ戦士とは、脱ステロイドに立ち向かう患者さんを形容してつくられた言葉です。脱ステロイドを扱うブログやサイトの多くにこの用語ができます。このサイトに立ち寄っていただいたあなたも脱ステ戦士であり、あるいは脱ステ戦士になる潜在力を持った人物です。ご家族様やご友人たちは、脱ステ戦士たちを支える衛生兵ですね!ただ、「脱ステ脱保湿戦士」というと語呂が長いので、あまり聞いたことがありません。 白色ワセリン 潤滑剤として利用 滲出液出現まで 図1.脱ステロイド開始から3週目までを皮膚状態とともに図解しました。トリハダになった皮膚は触るととても痛いです。安静時でもシャツが擦れただけで痛みを感じます。この痛みをやり過ごすために、潤滑剤として白色ワセリンを使います。これで、なんとか日常生活はやり過ごすことができます。そして、3週間ほどすると、トリハダは幾分収まり、皮膚からの放熱が白色ワセリンに抑制され、ほてり感を生じます。この時期になると、ステロイド開始3週も経っているので、脱ステへの恐怖感も薄らぎ、「保湿剤もやめてもいけるんじゃないか!!」とやる気がでてきます。以後、脱保湿を行い、その後、滲出液が出る時期へ突入します。 私が経験した保湿剤が「有効である」期間は、ステロイドを断ってすぐの1週間、痛みを伴うトリハダ状の皮膚状態を潤滑剤として利用し、うまくやり過ごすことが出来た点にのみにあります。ステロイドを断って1週間は、服を着る動作の擦れ具合だけでも皮膚が痛くなるのです。私は上半身に主にステロイドを塗布していたため、首から腰までの毛穴がトリハダのように隆起し、一つひとつの毛穴に痛みを感じました。その時期に保湿剤(白色ワセリン)を身体に塗ることにより、保湿剤が潤滑油として機能してくれます。 しかし、脱ステロイド開始後およそ3週間経った頃、白色ワセリンを塗った皮膚領域にほてり感が出現しました。白色ワセリンは石油製品なので肌に合わないのではないか?と考え、皮膚によいとされる馬油に変えてみました。しかし、それでもなお、ほてり感は依然残りました。 当初「白色ワセリンもやめた方がいいんじゃないのか」とうすうす感じていました。しかし、ほてり感がきえず、脱ステロイド開始後3週間もがんばれた実績があったので、「おい!ワセリンも止められるぜ!やってやろう!」という気持ちに変化しました。私の場合3週間目を過ぎて、いよいよ決心がついたのかもしれません。 また阪南中央病院の佐藤健二先生著のインターネット公開論文に、「保湿剤が脱ステロイド中の皮膚の回復に遅れをもたらす可能性」があることが書かれてあり、保湿剤をいざ断とうとすると、脱ステロイドと同じようなリバウンドが現れるという保湿剤依存症※1になるとの報告がありました。以上のことから、私は保湿剤も中止する決心をしたのです。 ※1『「成人型アトピー性皮膚炎」の脱ステロイド、脱保湿剤の名古屋での経験 佐藤健二、皮膚、第41巻、増刊21号、1999年12月、108-111』に紹介されています ステもやめ保湿もやめ 心が楽になる 保湿剤とステロイド剤と、全てを断つことにより心がとても楽になります。皮膚に影響のあるすべてのものから離れることで、治療に専念できる心構えを持つことができたからです。保湿剤を塗らないので、入浴後の地獄のような皮膚の痛みには辛抱強く耐えねばなりませんでしたが、自己治癒力を信じることだけを考えられる単純で純粋な心境になれます。 脱ステロイド中に保湿剤をつかうべきか否か、専門家の間でも議論があります。 保湿剤は20~30年前までは、乾燥肌(アトピー性皮膚炎ではない健常者の乾燥肌)に多く用いられてきました。特に主婦の間ではアトピーの皮膚であるなしにかかわらず、保湿剤を常習的に使うことが行われているため、「皮膚に絶対よいものだ」という固定観念がどうしても拭い去れません。主婦の方、そしてその子供さんがアトピーで脱ステロイドを行うときに、脱保湿まで試みることに、なかなか決心がつきません。思考的固着とでもいいましょうか、なかなか踏ん切りがつかないのです。 目の前に起こっている事実を考え、自分なりに考察をすれば、答えは導かれます。いろいろ意見がありますが、私は、脱保湿をして脱ステロイドに成功しました。   保湿の功罪 脱保湿の功罪 ◎ ・脱ステ開始直後~10日間に起こる皮膚の痛みを和らげる ・「ステロイドも保湿も要らない!これで全てを断てる!!......」っていう晴れ晴れとした気持ち ・保湿剤依存症にならなくてすむ ・リバウンド期間が短くてすむ △ ・脱ステ開始20日以降に塗るとほてりを感じ、暑苦しい    ・脱ステ開始直後~10日間は、保湿剤塗らないと皮膚が痛くてどうしようもなくなる。 × ・保湿剤依存症のリスク ・特に思いつきません   編集後記 脱ステロイドという用語はネットでもよく話題になっていますが、脱保湿という用語は主流ではないような印象です。脱保湿という用語を最初に使い始めたのは阪南中央病院の佐藤先生の記した著書にタイトルとして紹介されたのがそうなのかな・・・?と個人的には思うのですがどうなのでしょう。 記事でも書いたように、私の場合は、脱ステロイド開始後の3週間は白色ワセリンに助けられました。潤滑剤の役割としてのワセリンの存在なくして、私の脱ステロイドは成功しなかったと思います。私は3週間という時期が脱保湿を開始できるタイミングでしたが、みなさまそれぞれにタイミングというのは異なるのではないかと思います。 「私はいついつ脱保湿したよ」とか「俺はところどころ断続的に使いながら脱ステロイドできたぜ!」という方がいらっしゃましたら、コメントなどいただけたら、議論が活性化すると思います。 では、次回の記事でお会いしましょう。

最近の投稿

概要|アトピー性皮膚炎とは?そしてステロイド副作用の皮膚症とは?

アトピー性皮膚炎の捉え方について私見を述べています。アトピー性皮膚炎の原因だけでなく、広い視野で捉えるよう解説しています。ステロイド皮膚症についても述べています。

顔面、頭皮の脱ステロイド症状

顔、頭皮の症状は? アトピーの脱ステロイド現象 【疑問解決】 皮膚の赤銅色化の原因は何か?  顔に亀裂があると生活で困ることは? ムーンフェイスの対処方法とは? ステロイド離脱で頭髪はどうなるか?

皮膚の回復経過 | アトピー脱ステロイド

ステロイド離脱現象において、皮膚が快復する順序を記す。これはあくまで私の場合であるが、往々にして多くのステロイド離脱者が同じような経過を辿っているため、治癒経過としては概ね誤りではないといえよう。 1. 皮膚が赤銅色に変化し、滲出液が皮膚からでてくる 2. 滲出液量が増加する。特に夜間に多い。 3. 滲出液の粘性が低下する。さらさら感が増す。 4. 皮膚から出血がみられる。皮膚に裂罅(れっか)・亀裂がみられる 5. 大きな痂疲(かひ)できてくる 6. 痂疲だんだん小さくなってくる 7. もとの皮膚に快復する ねっとりとした滲出液からさらさらした滲出液に変化する頃には、リバウンドの峠は越えている。しかし、滲出液が出ている期間は、カポジ水痘様発疹症といった疾患や皮膚感染症に十分注意が必要である。 一連の過程において皮膚の痒みと痛みとの闘いに苛まれる。特に痂疲ができる時期は、痒みが一段と増幅してしまう。しかし、痒みを我慢する必要はないので、適度に痒みを紛らわすことが本人のストレスをいくらか軽減させる。周囲の人間は「掻くな」と言わないことが大切。掻いている姿を見ても、見て見ぬふりをすること。 落屑が小さくなるに従い、皮膚は回復していると考える。皮膚の回復の最終段階は、ステロイド使用する前の皮膚の状態になることである。  

科学のめざすところ_ステロイド離脱体験を通して

ステロイド離脱を客観的に認め合うことのできる社会が生まれれば、もっと住みやすい世の中になるかも...しれない

滲出液期の室温管理の方法は?

平熱は高くなるのに、悪寒がする・・・この不条理な体験を経るステロイド離脱での室温管理の方法とは?

Feedlyでフォローする

follow us in feedly