TSW_logo_QandA

過去に寄せられた読者の質問、それに対する筆者の返信コメントまとめ

こちらでは、前アメーバブログにてコメントしていただきました内容をまとめてあります。

投稿者のニックネームや投稿年月日は、時系列がつたわりやすいようそのまま記載しておりますが、もし削除を希望される場合は著者宛にメール連絡をくだされば対処いたします。

陽ちゃんというのは、私のハンドルネームです。

 

滲出液・水分摂取 関連

1. こんばんは

いつも陽ちゃんさんのブログを参考にさせてもらってます。

今あたしも脱ステ中で、喉もかなり渇きます。
だからといって、沢山の水や、水分をとりたくてもとらないように頑張ってますが、いつまで喉が渇いたりするのかなぁ…って。

身体全身魚のウロコみたいになってるし、でもかさぶたが首まわりや、お腹にあって取れてしまうと汁がでてって…。

量てきには少なくなってるみたいですが、この後はよくなっていくでしょうか?

☆のりのり☆

 

2. Re:こんばんは
>☆のりのり☆さん
はじめまして。コメントありがとうございます。
「身体全身、魚の鱗のようなかさぶたができており、かつ、そのかさぶたが取れると汁(滲出液)がでる」という症状から、かさぶたができ始めて初期の頃だと考えられます。つまり、滲出液排出ピークが終わり、かさぶた化への始まりと考えられますので、順調に皮膚の回復が進んでいると判断できます。今後、かさぶたがはがれても滲出液がでないような丈夫な肌が、かさぶたの下層から作られるようになります。現在は、大きいもので1cm大のかさぶたが大量にできている状態ではないでしょうか?このかさぶたも、時の経過とともに小さいものになり、量も少なくなっていきます。痒みがあると思いますが、痒いときは指の腹などで優しく掻いてあげて、極力爪では剥がないようにして戴ければ治りが早いと思います(たとえかさぶたを剥いでしまったとしても、皮膚は日に日に回復しています。回復のペースが遅くなるということで、再び悪化するということはありません)。かさぶた化が始まったばかりですので、まだのどの渇きはあると思います。

私の場合は、ちょうど☆のりのり☆様と一緒の時期に、つまり、滲出液の排出が終わりかさぶた化になってしばらくするまで口渇がありました。滲出液が大量に出ていた時期は水分制限(1000~1500ml/日)をしていましたが、かさぶたができ始めるころになれば、徐々に水分制限を緩めていきました。但しがぶ飲みはしないようにしてください。滲出液がでなくなるのに呼応するように、喉の渇きは少なくなっていきます。滲出液のピークが過ぎ、入浴後もすぐに全身がかさぶたになるような状況であれば、徐々に水分摂取量も普通どおりに(身体が欲する通りに)戻していかれればよいと思います。以上を要約すると、『滲出液が出ている時は水分制限をする。そして滲出液が少なくなれば、喉の渇きも失せていき、水分を“制限”するという感覚ではなくなる。そうすなれば自然と普段の水分摂取量に身体が戻っていく。ただし、がぶ飲みは避ける』となります。かさぶた化になってくると、あとはかさぶたが小さくなって量が少なくなるのを待つばかりです。もうしばらくの御辛抱です。ゆっくり、大切に身体の変化を見守ってあげて下さい。

陽ちゃん

陽ちゃん
3. 早速の返事ありがとうございます。

>陽ちゃんさん

色々なサイトや、自分と同じような症状をさがしてみても、なかなかなかったりで、たまたま見つけた陽ちゃんさんのブログに感謝です。

代謝もかなり悪いので、半身浴してみたけど全く今まで大量に汗をかいていたのが嘘みたいにでなくなったので、首までつかりようやく汗がでて、すっきりした今日でした。

お風呂からあがると、浸出液みたいなのは、そんなでなく、びっくりするぐらい身体かカサカサになっていて辛いくらいの状態です。

なんで、氷を舐めたりして対処してました。
あたしも不思議で、コーラとか、リアルゴールドとか、炭酸系はほんとに今まで飲む機会はなかったのに、飲んだり小さい缶のジュース買ってきてみて、ビールのCMみるとマジデ飲みたくてしょうがない毎日頑張ってます。

1週間前くらいからが浸出液が結構でてたりしてたけど、ここ2、3日はでても、しっとりの極少量程度ですね!

症状もようやく落ち着いてきつつあるようで、良かったです。ほんと体験されてる方に聞いて自分の状態について答えてくださる方がいてほんとうぬ感謝してます。

毎日が自分の身体に凹み夜も眠れなくて大変な毎日過ごしてます。

早く良くなってみんなに飲みに行こうって話を毎日してます。先が少しずつ見えてきているようで、また気分が変わってきたような気がします。

またアドバイスよろしくお願いします。

☆のりのり☆
4. Re:早速の返事ありがとうございます。
>☆のりのり☆さん
コメントありがとうございます。初めて、入浴後にすぐに乾燥しかさぶたになったときは驚きの意を隠すことができませんでした。日数が流れるにつれ、その乾燥具合やかさぶた量も少しずつ減少しますので、御心配される必要はありません。時間の流れのみが身体を治します。水分制限は確かに過酷なことでしたね。水だけではどうしても飽きが来てしまいますので、この時期だけは色々な飲み物を嗜好されれば宜しいかと思います♪快復された時は、世界観が変わります。また一回り成長した自分も発見することができます。もうしばらくの御辛抱ですね。必ず良くなります。こちらこそ宜しくお願い致します。
陽ちゃん
5. 無題

耳からの浸出液についてですが、全身のウロコみたいなのはだいぶおちついてきたんですが、耳のまわりがまた今日浸出液が出だして、痒みもあります。

治りとしては顔から良くなっていくと聞いてますが、マダマダあたしの場合時間がかかりそうですよね?

また悪くなってきてるんでしょうか?

☆のりのり☆
6. Re:無題
>☆のりのり☆さん
コメントありがとうございます。短期的にみれば、滲出液は昨日今日によって出たりでなかったりします。皮膚の回復は日単位で目に見えてよくなるわけではありません。一週間あるいは二週間をひとつの単位としてみて、それぞれの週でどのようなことが起こったのかを平均して判断して比較すれば症状の変化の違い(皮膚の回復の違い)を検討することができます。私の場合も、日によって滲出液がでたりでなかったりしました。しかし、長期的にみれば出る回数も量も漸減していることが判断できました。そのように考えられたら宜しいかと思います。滲出液がでる部位は特定されませんし、滲出液が「時々」でてくるというのは悪化のピークを通り越した時期にみられる症状のものです。身体のかさぶたもまだやわらかいのであれば(4/29のコメントから参照しました)、それはまだ少量の滲出液がでてくる恐れがあります。顔と身体との回復のペースについてですが、どちらが早いか遅いかということは、いまの私には知識としてありません。ただ、体の中央から、つまり内臓や脊椎が通っている大事な場所から症状は回復するということは云えるみたいです。
陽ちゃん
7. ありがとうございます。

>陽ちゃんさん

浸出液はしばらくはまだでても回復段階にいるので大丈夫なんですね!

昨日は本当に身体が痒くて痒くてたまらなく、掻いていたみたいで、身体が朝には上半身特に首と、お腹が浸出液がでて、耳と顔は腫れてました。

まだ落ち着きそうにないので、不安になりますね!

☆のりのり☆

滲出液・脱保湿 関連

1. 無題
陽ちゃんさん
初めてコメント致します。滲出液についてですが、脱ステを始めてからどのくらいの期間出続けていましたか?
参考までに教えていただけたらと思います。
宜しくお願い致します。まつもと
2. Re:無題
>まつもとさん
はじめまして。コメントありがとうございます。私は昨年の4月から脱ステを始めたのですが、脱ステ開始後一週間目から、少しずつ液が出始めました。
そして4月終わりから6月の初旬にかけて、背中と肩から大量(一日に2,3回Tシャツを着替えました)の滲出液が出続けました。その後は、上半身全体がかさぶたに覆われて、あとはそのかさぶたがはがれていくのを待っていただけですが、それからは、滲出液はぴたりと止まりました。私の場合は約2ヶ月間滲出液が出続けていたことになります。ご参考になれば嬉しいです。
陽ちゃん
3. ありがとうございます
陽ちゃんさん
ありがとうございます。約2か月間の闘争だったのですね。
なぜお聞きしたかというと、先日医師の方に話を聞いていて、脱ステとはどのくらいの期間かかりますか?
何歳くらいまで有効なんですか?
と質問した所、「だいたい2週間から1か月、長くても2か月内には結果が出る」
「25歳くらいまでかな~」と。人によっては個人差があるから期間、歳も前後するのでしょうけど。。。
陽ちゃんさんはどう思われますか?なんか質問ばかりで申し訳ありません。
まつもと
4. Re:ありがとうございます
>まつもとさん
コメントありがとうございます.
お返事遅くなって申し訳ありません.脱ステは年齢が若い方ほど回復は早いといわれています.40代よりも30代、30代よりも20代、10代の方のほうが治り早いそうです.それだけ新陳代謝が活発な証拠だと思います.
ですが、治るスピードには差異があれども、脱ステ自体は年齢にかかわらず可能だと思います.50代の方で脱ステされている方もおられます.脱ステの効果が現れるのは、おそらく人によってばらばらだと思います.
私も脱ステをしているときは、どれくらいの期間滲出液がでて、いつそれがとまるのかというのをあやふやな情報でも知りたかったのですが、こればかりは明確なことはわかりませんでした.使用してきた薬のレベル、量、使用期間、そして脱ステをはじめる年齢・・・ いろいろと複雑な因子が絡み合っていますので、正直私自身、分からないというのが現状です.私は滲出液は2ヶ月程度で止まりましたが、なかには何ヶ月も、そして1、2年も出続けてようやく皮膚が治ってきたという方もおられます.脱ステをはじめてから一ヶ月程経てば、直前に縫っていたステロイドは大部分からだから抜けるといわれていますが、その後の回復力はほんとうに人それぞれだと思います.脱ステに加えて脱保湿もするのであれば、2、3ヶ月で効果は現れると佐藤先生はおっしゃっております.脱保湿をすれば「3年で治るところを3ヶ月で治せる」といわれるくらいです(これはアトピー治療の相談員から伺った話です).

まとまりのない文章になってしまいましたが、以上のようなことが私の知っているところです.

ご参考になりましたらうれしいです.
陽ちゃん

5. Re:Re:ありがとうございます
>陽ちゃんさん
ありがとうございました。アレルギー因子も人それぞれですが、
回復も人それぞれなんですね~
脱ステはよく聞くんですが、
この頃、脱保湿というのを目にします。
普通の人でも保湿をしますよね?
アトピーの人の脱保湿とは何を指すんでしょうか?またまた質問ばかりで申し訳ないです(^^;
まつもと
6-7. Re3::ありがとうございます
>まつもとさん
コメントありがとうございます。
それと、お返事遅くなって申し訳ありません。脱保湿というのは、私が解釈しているところでは、
「脱ステ中に、それまで使っていた保湿剤を止め、保湿剤を一切使わないようにすること」
というものです。ステロイドを長期間(何年も)使ってきた方は、皮膚が「アトピー性皮膚炎」に加えて「ステロイド皮膚症」という皮膚症にかかっている可能性が大いにあります。ステロイドが体の中で酸化されて、酸化コレステロールという形で皮下組織にたまっているのですね。この酸化コレステロールを排出するためにあの“アトピーに特有”といわれている痒みが増発します。またステロイド皮膚症では肌の乾燥も促進します。これによりステロイドを長期間塗ってきた方は、保湿剤も併せて塗るようになります。実際、わたしがそうでした。高校からステロイドをつかっていたのですが、大学3年くらいになると、保湿剤(白色ワセリン)を全身に塗らなければいてもたってもいられないほどの乾燥に襲われていたのです。このような方は、ステロイド依存の肌に加えて、保湿依存の肌にもなっています。つまり、ステロイドをやめただけ(脱ステ)で、保湿剤をやめていない方は、保湿剤もやめると脱ステと同じようなリバウンド症状を経験することになります。脱ステは行っても、保湿剤から抜けきっていないかたは、いつまでも肌のリバウンド症状(脱ステ時のように激しくはないが、断続的な滲出液の出現や皮膚の悪化)を経験することになります。ですから、脱ステに合わせて、時期をずらしてもよいから脱保湿をすることが推奨されているわけです。

脱保湿をすれば皮膚の回復は数段速いといわれています。脱ステ+脱保湿 を経験した方は数カ月(2~3ヶ月)で日常生活に支障をきたさないところまで皮膚は回復します。私もそうですが、脱ステ中、あのまま保湿剤をつかっていたら、こんなに短期間(脱ステ開始約3ヶ月で普通どおりの生活が送れるようになりました)のうちには肌は良くなっていなかったと思います。

皮膚科医の中でも脱ステ中に保湿剤を使用を認める肯定派と否定派がいます。またその中間の医師もおります。

ですが、これは私が思うに、保湿剤肯定派はなんらかの意図があってのことだと思います。つまり、昔から皮膚には保湿がいいという慣習があり、それが皮膚科学会の世界ではまかり通っており、一般人とくに主婦の間では保湿剤が信奉されています。そのような状況下で、保湿剤の否定を表明することは、自分の医師としての立場を危うくしかねない決断なのです。

しかし、これは健常者が手荒れ防止のために手に保湿をするということに限って保湿剤が認められていることであり、全身、とくに脱ステ中の保湿剤の効果を全然検証しないまま、確定的なデータもないまま保湿剤を肯定しているにすぎないのです。(統計データはあります。数か月分の統計データが最近アトピー関連の情報誌に掲載されましたが、数か月単位の追跡調査しか行っておらず、まったくもってデータが足りません。とくに皮膚に関しては年単位で追跡調査を行うべきです。)

脱ステ中に加えて脱保湿は過酷でした。それをみている方は、いざご自分の子供さんが脱ステするとき保湿まで止めることは強要したくないとおもいます。実際にそのような考えを持っておられる方が多いそうです。

ですが、保湿剤が皮膚の回復を阻害し、また脱保湿によって、短期間のうちに皮膚が回復したという患者さんが数多く存在するという事実を知れば、脱保湿に踏み切れると思います。実際、小学生のような小さい子供さんも、過酷な痛みに耐えながら脱保湿を行い、短期間のうちに皮膚が治っています。

私は、自分の経験に則して、また大勢の脱ステ+脱保湿 患者の目覚ましい回復力を知って、自信をもって、脱ステには脱保湿が有効であると断言することができます。

長くなりましたが、最後までお読みくださってありがとうござました。

陽ちゃん

 

8. Re:Re3:(続きです)
>陽ちゃんさん
遅くなりました。
丁寧なご返信ありがとうございます!
よくわかりました。
自分は白色ワセリンがあまり肌に合わず、
これも悪化の原因かと思ってやめました。自分の使っているプレシャンハンドSTを
保湿剤として使用しているのですが、
脱保湿はワセリンやヒルドイド軟膏を指している
わけではなく、保湿行為全般の事を指して
いるのですよね?
このプレシャンハンドSTはお肌によいと思っているのですが、陽ちゃんさんはいかがお考えになられますか?
まつもと
9. Re5:
>まつもとさん
コメントありがとうございます。仰る通りで、脱保湿とは保湿行為全般のことを指しています。
保湿剤を塗布するだけではなく、コタツにじっとしていることや、服をズボンの中に入れたりすること、厚着をすること、入浴時間が長いこと等々、これらはすべて保湿と考えます。脱ステ期間中はどうしても悪寒がするので、厚着したりコタツに入ったりすることはやむを得ないと思います。
ですので、脱保湿という行為は、白色ワセリンやヒルドイド軟膏のような保湿剤を使わないことに徹すればよいかと私は考えています。プレシャンハンドSTは手のみに使われるのだと思いますが、手に関しては脱ステ期間中も保湿をしてもかまわないという医師の意見があります。 手の平や手の甲には皮脂腺が少ないので、水仕事をするとどうしても手荒れが起こります。これを防ぐために保湿をすることは構いません。逆にいえば、皮脂腺が発達しているところ(つまり身体全身ですが)にワセリンなどのような軟膏を塗ってしまうと、皮脂腺が正常に働かなくなり、皮膚機能が抑制されてしまうことになります。その意味で脱保湿が推奨されています。私は、自分の経験上、脱ステ時に脱保湿を行うことを進めておりますが、アトピー治療でステロイドを使わず保湿や軽い痒み止め程度の薬で治しておられる方に対しては、身体への保湿剤の使用も医師から認めておられます。この辺りの知識は私自身乏しいのでこれが良いことなのかどうかはわかりません。

話は戻りますが、手に関しては保湿しても大丈夫ということになっています。
この冬、私の手はあかぎれになり、オロナインを塗りました。すぐにあかぎれは治りました。

陽ちゃん
10. ありがとうございます
陽ちゃんさん
お返事遅くなりました。よくわかりました。ありがとうございます。
プレシャンハンドは全身に塗っているのです。
殺菌・抗菌効果が皮膚の炎症を抑えると思って
いるので、脱ステによる悪化を軽減してくれる
ものだと考えているのですが・・・
まつもと
11. Re:ありがとうございます
>まつもとさん
コメントありがとうございます。ブログ拝見しました。
最近脱ステを始められたのですね。脱ステ時には保湿剤はよくないというのが私の意見ですが、両方を同時期に止める必要はないと思います。
私自身も脱ステ開始後一カ月してから保湿剤(白色ワセリン・馬油)をきりました。
また、脱保湿をしないで、つまり脱ステだけを行って皮膚が楽になったという話も何件か伺っているのですが(mixiの日記やブログなどで)、私が見るところ、保湿剤を塗り続けている限り、その方たちは何度も皮膚の悪化に見舞われているようです。
言い換えれば「保湿剤依存」になっているということなのですが、保湿剤を塗っている限り皮脂腺の働きが正常に戻らないので、脱ステ時のようなリバウンドを何度も経験しているようです。私の知る限り、脱ステと脱保湿を行って、再び悪化した(ここでいう悪化とは、脱ステ+脱保湿時を始めたときのような、滲出液が大量に出るという激しいリバウンドのことです)という人は聞いたことがありません。
別の悪化はあります(ここでいう別の悪化とは、脱ステ+脱保湿を行い一度目のリバウンドは乗り切っても、第二、第三と、皮膚の悪化がみられることを第二リバウンド、第三リバウンドと呼んでいますが、このときの悪化というのはちょっと皮膚が荒れるくらいで、滲出液も点状に数滴でるくらいの軽いもののことを指します。しかもこのリバウンドは時期を追うごとに症状は軽くなっていきます)。ですので、脱保湿をしない限り、皮膚の正常化は見込めないというのが私の意見なのですが、保湿剤を塗り続けて「あぁ、私は保湿剤を塗り続けていたおかげでここまで皮膚は回復したんだ」という間違った(?)認識をされておられる人もおられます(おそらく主婦層に多いと思います)。脱保湿に関しては医師たちの間でも意見が分かれているところですので、まだまだ追跡調査が必要だと思いますが、もし、いまお使いになっている保湿剤が体に合っていて、保湿剤をたとえ塗らなかったとしても体に変調なければ、お塗り戴いても良いと思うのですが…。

すみません…。私もはっきりしたことは申し上げることができません…。

陽ちゃん
12. おひさしぶりです
陽ちゃんさん
ありがとうございます。ちょっと戦いに疲れて中断していました。。
また再開したので宜しくお願い致します。まつもと
まつもと
13. Re:おひさしぶりです
>まつもとさん
コメントありがとうございます。ブログ再開されて嬉しく思います。こちらこそ宜しくお願い致します。陽ちゃん

水分摂取

1. 無題

ははぁ~。僕も、まだまだです。勉強不足です。

水分が低蛋白血症に影響を与えるとは知らなかったです。

脱ステしながら、労働やってたので、水分に溺れてましたw

脱ステ中に知りたかったです(笑)

タクポン
2. Re:無題
>タクポンさん
コメントありがとうございます。労働されながら、脱ステをなさっていたのですね。私などは、散歩するのもやっとで、できることならじっとして休みたいな~と思う気持ちが先行したのを覚えています。不精癖でしょうか…(笑)皮膚の治療で、まさか水分制限をすることになろうとは思ってもみませんでした…(汗)
陽ちゃん

食事・水分摂取

1. 同じです。
私も滲出液が酷い時期、喉の渇きが酷くて、果物とゼリーが一番美味しかったです。
同じく水分制限してたので1口ずつ味わって大事に大事に食べてました。
水分制限って思った以上に辛かったですよね?甘くみてました(笑)
みぃ
2. Re:同じです。
>みぃさん
コメントありがとうございます。みぃさんもそうだったのですね。
滲出液の時期は、果物やゼリーを欲するようになるというのは、一般的な症状なのかもしれませんね。水分制限もとても辛かったです・・・。
水を飲みたくても飲めない苦しさは、おもちゃを買ってもらえない子供が地団太を踏んで泣きわめいているような心境に近いものだったと思います(譬え、変でしょうかね・・・)。人生の中で、あのときほど、スイカがおいしいと思ったことはありませんでした(笑)

陽ちゃん
3. 無題

>陽ちゃんさん

子供みたく純粋な欲求ですよね(笑)
私元々は甘いもの大好きなのにゼリーと柑橘シャーベット以外の甘い物は食べれなくなりましたよ。
私はオレンジ買って食べてたけど、あんなに美味しくて1粒を味わって食べたのは初めてでした。

みぃ
4. Re:無題

>みぃさん

コメントありがとうございます.

脱ステを経験して、私も甘いものは食べたくなくなりました.

ステロイド治療をする前は甘いものは嫌いだったのですが、ステロイドを塗るようになってパフェなど甘いものもいっぱい食べるようになり、脱ステ後はまた甘いものが嫌いになりました(笑)

ステロイドと不思議な因果関係があるように思えてなりません.

水分摂取はほんとうに過酷でしたね.

これから脱ステされる方は、心積もりをいておかれたほうがよいと思います.

陽ちゃん
1. 無題

なるほどー。

僕は、甘いものよりもエビ・蟹を食べた後が調子が悪く、アトピーだけでなく喉もジリジリ感がありました。

今は、不思議なことに良くなってます(=⌒▽⌒=)

タクポン
2. Re:無題
>タクポンさん
コメントありがとうございました。
お返事遅くなって申し訳ありません。タクポンさんはエビや蟹だったのですね。
そういえば、最近アレルギー表示に蟹が加わりましたね。エビもそうでしたっけ・・・?ほんとうに食べ物がこんなにも体に影響があるなんて、脱ステまでは考えてもみませんでした。
それだけ、身体は食物に敏感に反応するということなのでしょうね(^∇^)
陽ちゃん

カポジ水痘様発疹症

1. 無題
(;^_^Aわたしも脱ステ2,3ヶ月目にカポジかかりました・・
医者には、プロトピックを使用した部位に出やすいといわれましたが、陽ちゃんさんもプロトピック使用されてましたか?
カポジは黒いかさぶたになるので一時期はブルーになりますが、治ると普通の肌になるので、その当時はアトピーよりマシだと思って耐えました
ももさん
2. 助かります
詳しい説明ありがとうございます。
私はカポジにはなった事は無いんですが、プロトピックを使っていたのでなる可能性はあると言われてました。今は自宅療養なので抗ウイルス薬は手元に置いていて、もしも兆候があれば飲んでから地元の皮膚科に行こうと思ってます。
阪南に行ければ一番なんですが(^_^;)進行が早いって聞いていたので安心の為に抗ウイルス薬を持ってます。

カポジになった人から、いつもと違うブツブツが出て倦怠感が酷いからすぐ分かるって言われましたが、やっぱりそうですか?
数日後に高熱が出るんですよね?

体力がつけば心配無いのかもしれないけど、こういう詳しい話を聞いておくと、いざという時に慌てないで済みそうです。
ありがとうございます!

みぃ
3. Re:無題
>ももさん さん
コメントありがとうございます。ももさんもカポジに罹られたのですね。
かさぶたになったときには本当に落ち込みました。
黒っぽい爬虫類のような肌(?)のような気がして、数日間は夢をみました。
サンタクロースや七福神がでてきて、「ゆっくり治したらいいんだよ。きっと治るから。あせってはダメ。ゆっくり、ゆっくり確実に。ほんとうにゆっくりだから。」
って言うんです(笑)。
勇気付けられたような、そうでないような…。
なんだか釈然としない夢でした…。そうですね、確かにプロトピックを塗っていたところからはじめにカポジの発疹がでてきました。
右側の首の付け根にプロトピックを塗っていました。
まさにそこから発疹がでました。

プロトピックと関連があるのですね。
勉強になり、ありがとうございました。

陽ちゃん
4. Re:助かります
>みぃさん
コメントありがとうございます。はい、カポジの発疹が出始めたときは、自覚症状としては、その部位がキリキリと軽く痛痒い感触がありました。
他人からみたときも、明らかにアトピーなどの発疹とは異なるように映るそうです。
母もすぐにわかりました。
そういう時期にも、私は微熱(37℃代)があっても学校に行っていたのですが、発疹が出始めてから1、2日経つと、発疹が首から耳、そして頭皮へと急速に拡がっていきました。
2日後には熱が40℃を超えました。いざというときのために、抗ウイルス薬を手元に置いておくことは正解だと思います。
地元の皮膚科でも十分な治療を行ってくれるので、罹ったときのために病院を決めておくことは安心ですね。

私は脱ステ中も授業にでていましたので、その分体力の消耗も早かったのではないかと思います。
運動の意味も含めて学校に行っていたのですが、ある程度皮膚が回復して、平熱に戻ってからウォーキングなりしたほうがよかったのかと、今振り返ればそう思います。

陽ちゃん

 推薦書籍・URL

1. 無題

こんにちは 脱ステや脱保湿の情報をありがとうございます。

アトピー・ステロイド情報センター
http://atopy.info/
をみてみると、いまは「暮らしに役立つ健康の情報」となっていて、アトピーの情報もステロイドの情報も掲載されてませんでした。残念ですねぇ・・・

ぱんだ
2. コメント有難うございます
>ぱんださん
ご指摘ありがとうございました。当方「アトピーステロイド情報センター」と検索してもサイトは見つかりませんでした。もしサイトが見つかりましたが教えていただければ助かります。

コメント有難うございました。

陽ちゃん

コメントを投稿できます。お名前、メールアドレス、ウェブサイトは任意記入です。