ステロイド離脱症候群|脱保湿と共に乗り越えた私の体験記録

8年に亘り塗り続けたアトピー性皮膚炎治療薬のステロイド外用剤、保湿剤からの離脱体験をもとに、離脱に必要なノウハウを提供しています。

ステロイド離脱における トイレと生理機能

ステロイド離脱を開始してしばらくすると、滲出液が出ます。この滲出液が出ている期間は、排便・排尿の回数は激減します。また女性は生理が止まります。しかし、滲出液がおさまると、排便・排尿・生理は通常通りに回復します。この現象は滲出液が出ているあいだの一時的なものであると捉えましょう。

1. 排泄(排尿排便)は一日1回 男女の生理機能止まる

1-1. 排泄(排尿排便)回数

脱ステ脱保湿開始後からかさぶた化はじまり、滲出液が透明化し、そして落屑が小さいサイズに変化するまでの期間、排便・排尿頻度が乱れ、特に回数が少なくなります。私の場合、

排尿 1回/1日
排便 1回/1日

という割合でした。通常の私の排便は、1日に2、3回あり、便秘をしたことはありません。排便が1回/1日に減ったことは、私にとって大きなショックでした。

(skin)滲出液量と生理現象の経時変化

滲出液量の経時変化に対する生理現象の図

1-2. 女性の生理

女性におかれましては、生理周期は乱れる、もしくは止まります。私がインターネットを検索した個人的な統計データでは、ステロイド離脱体験者の女性が生理周期が乱れるか、止まります。どちらかといえば生理が止まった方のほうが多いように思いました。滲出液が収まると、月に1度の周期に戻ります。安心してください。

1-3. 男性の生理欲求

男性の場合、この期間中、射精欲求はなくなります。これについてはインターネットを調べても男性ステロイド離脱体験者の記事が見当たりませんでしたので(そこまでタブーではないと思いますが…医療的な話なので…)、私の場合で恐縮ではございますが、約3ヶ月にわたるリバウンド期間、一度も射精欲求はありませんでした。たとえセクシャルな想像をしたとしても、身体のほうはまったく反応しませんでした。物理的な刺激を与えてもです。

2. 激減した排泄回数、停止した生理機能の回復時期

しかしながら、滲出液が収まるころには、健常男性がもつ普段どおりの欲求が沸き起こってきました。排泄しなければ身体に害があるとかないとか、巷《ちまた》で云うそんな問題はこの際、問題にはなりません。滲出液が収まれば大丈夫です。ですので、しっかり滲出液対策をし、カポジ水痘様発疹症にかからないように体調管理しながら、時間の経過を待つことに専念してください。

3. 排泄回数、生理機能についてのまとめと確認

<この記事のまとめ>
滲出液出現期間中は、排便・排尿回数が極端に減る
生理周期は乱れる・止まる。射精欲求も無くなる
滲出液がおさまると、排便・排尿回数、生理周期、射精欲求は回復する

( )の中を適切な言葉で埋めてください
問1. 脱ステリバウンド中の(  )回数は一日( )回あればよい。
問2. 脱ステリバウンド中の女性の(  )周期は乱れる、もしくは停止する。
問3. 脱ステリバウンド中の男性の(  )欲求はなくなる。
問4. 減少した排泄回数や乱れ停止した生理機能は(  )量の減少とともに元の状態に回復する

( )の中を適切な言葉で埋めてください
問1. 脱ステリバウンド中の(排泄排尿排便))回数は一日()回あればよい。
問2. 脱ステリバウンド中の女性の(生理)周期は乱れる、もしくは停止する。
問3. 脱ステリバウンド中の男性の(射精)欲求はなくなる。
問4. 減少した排泄回数や乱れ停止した生理機能は(滲出液)量の減少とともに元の状態に回復する

Leave A Comment

Your email address will not be published.