<要約>―――――――――

・ステロイド外用剤からの離脱に成功しても、保湿剤を塗布していれば保湿剤依存の皮膚となる。保湿剤からの離脱もできないと、健康な皮膚は取り戻せない。

・私の場合も、脱ステ開始後、約ひと月後に白色ワセリンを完全に断った。早く治すには、脱ステの早い段階で皮膚を乾燥環境に晒すことが必要

・脱保湿の格言「保湿剤をやめれば3年かかる脱ステが3ヶ月で治る」(それくらい皮膚の治りが早いということ)

・保湿剤も止めることで後顧の憂いを断ち、自然治癒力にすべてを委ねる心構えができる

・入浴後、身体を拭くには、フェイスタオルを使った。
バスタオルは大きすぎて使い勝手が悪い。

・身体についた水滴の除去は、フェイスタオルで皮膚面に対して垂直に軽く押さえつけるようにして吸い取らせるような感覚で行う。

・滲出液が出ている糜爛(びらん)部位には、洗濯して柔らかくなったガーゼをあてる。
ガーゼは何回も洗濯して使いまわすこと。

・入浴後の、まるで“生き地獄”ともいえる痛みには、辛抱強く耐え続けるしかない!
しかし、その痛みは徐々に痒みへと変遷し、日に日に丈夫な痂皮(かさぶた)が生成し始める

―――――――――――――

(free)bathroom_001

浴室から出てきてからは痛みとの闘い 

 

 私は脱ステはじめて約一ヶ月後、保湿剤も絶ちました
保湿剤を絶つと、入浴後の身体の痛みを伴う乾燥が筆舌に尽くしがたいほどのものになります。“生き地獄”“阿鼻叫喚”と表現している人がいますが、まさにその通りで,いいようのない痛さが入浴後の身体を襲いました。この痛さを譬えるなら、鋭利なカッターナイフで細かく皮膚を切られたような痛みです。浴室から出るとすぐに水分蒸発が起こります。それと共に身体の乾燥が始まるのです。 

 

 脱ステを行っても保湿剤を続ける人は、この痛みに耐えかねてしまうため保湿剤を塗布し続けるのだろうと考えられます。


これが脱ステには踏みきれても、保湿剤から離脱できない大きな理由です。

 私自身、保湿をし続けるかやめるかちょっと思案しましたが、保湿をしていても保湿剤依存症という事例があることを知り、それなら保湿をする必要性はかなり低いだろうと思いました。

 またステロイドも絶ち保湿剤も絶つことによって、もう何物も私の皮膚を害するものはないという安心感も得られます。

この心の持ちようはプラスに働きました。後顧の憂いを断ち、残るは自分の治癒力を信じて、それに気持ちを集中することができ、治療に専念することができるからです。

 浴室から出てきてからの具体的なことを記します。初めは、身体を拭くのにバスタオルを使っていましたが、滲出液が 出ている時期は、バスタオルにも臭いが染み付きます。また枚数もそんなに多くありませんし、毎日洗濯しなければなりません。このようなことから使い勝手が 悪いように思われました。

 そこでバスタオルの代わりにフェイスタオルを使うことにしました。フェイスタオルは片手でふけるので利便性がよいです。フェイスタオルは30枚ほど用意ました。私は一度の入浴で約6枚のフェイスタオルを使いました。3枚は私が胸や、おなかなどの前半分を,残りの3枚は母に、私の手の届かない背中や肩を拭いてもらいます。拭くときはタオルでこするのではな く、押さえつけるようにして水分を吸い取らせるのです。  

 そして、滲出液がでているところに、洗濯したガーゼをあて、そしてTシャツを着ます。脱ステ脱保湿当初は腕もあげられないので、服も母に着せてもらいました。こんな自分をみじめに感じるかもしれませんが、それには耐えるしかありませんでした。 

 この脱ステロイド・脱保湿をしている間、極度の寒気と、倦怠と、食欲不振、味覚異常、そして精神的に内向的になる傾向があります。平熱も少し高くなります(脱ステ・脱保湿中の平熱は37.5℃前後と思ってください)少し高めが平熱となります。

 脱ステロイドに加えて脱保湿をしておられる方は、入浴後に相当な痛みと苦痛とを味わうと思います。ですが、その痛みに耐えてください。私はコタツの中でじっとすわって、※何時間も痛みに耐えていました。本を読もうにも、両腕も痛みで動かせなかったので、本を読んで気晴らしすることもできませんでした。

ですが、その痛みに1週間、2週間・・・我慢しているうちに、痛みが(ほんとうに徐々にですが)和らいできます。一週間単位で快復の自覚が現れると思ってください。それだけ脱ステ・脱保湿は長丁場だということを本人はもちろんのこと、周囲の人の理解を強く求めます。

何時間も痛みに耐えて…

私の場合は首を含む、腹部・腰部から上の上半身全体に痛みがありました。

 脱保湿始めて初期の頃は約2時間もの長い間コタツの中でじっとしていました。
コタツの中でじっと両拳を硬く握って、歯をぐっと食いしばってキリキリとした痛みに耐えていました。2時間ほどしてやっと体を動かしても耐えられる痛みにまで軽減したものです。
気分を変えようとして本を読もうとしてもページがめくれませんし、第一、痛み でコタツの中から手を出すことができませんでした。音楽を聴いて気分転換しようと思いましたが、大好きな曲でもリラックスして聴くことはできませんでし た。それだけ痛みが強かったのです。

 しかし、その痛みも1週間、2週間と日を経るにつれ、痛みを堪える時間も1時間半、1時間、40分、30分…と、どんどん短くなっていきました

また、それに比例して痒みが出てきます。この時期は滲出液もまだ止まっていませんので、なるべく皮膚をかかないようにする工夫をする必要があります。私の場合は、手が動かせるようになると一時間くらいギターを弾きました。ほかにもゲームなど両手を使う動作が良いと思います。

 このような時期を過ごしていくと、入浴後に上半身がかさぶたに覆われる時期がきました。
そのかさぶたも日数の経過とともに少なくなっていき、最終的には入浴後にすぐに潤いが戻る肌、つまり一切の保湿剤を使わなくてもよい健康な肌になります。