ホーム 脱ステ脱保湿の実践

脱ステ脱保湿の実践

著者の実践例をご紹介しています。 (※注意! 脱ステロイド療法は脱ステロイドに十分理解のある医師の管理のもとで行うことを著者は強くお勧めします)

chaspot_Kaposi'sVaricelliformEruption

カポジ水痘様発疹症の対応

記事をアクセスいただきありがとうございます。今回はカポジ水痘様発疹症について記します。 カポジ水痘様発疹症は適切な処置をすれば完治します カポジ水痘様発疹症とは汎発型単純ヘルペスの疾患です。体内の免疫作用が極度に衰えた場合、健康体では大...
(free)bathroom_001

入浴-浴室から出てからは痛みとの闘い

<要約>――――――――― ・ステロイド外用剤からの離脱に成功しても、保湿剤を塗布していれば保湿剤依存の皮膚となる。保湿剤からの離脱もできないと、健康な皮膚は取り戻せない。 ・私の場合も、脱ステ開始後、約ひと月後に白色ワセリンを...

入浴法と石鹸|滲出液に困るステロイド離脱現象

この記事では、ステロイド離脱時の入浴方法について、私の体験を交えながら記す。 免疫不全状態にあるステロイド離脱時において、入浴行為は非常に体力を消耗する行為である。よって入浴回数、入浴時間、入浴方法(シャワーか湯船利用か)、使用石鹸・...
forest

肘や膝の皮膚が余る現象、脱ステ脱保湿の特徴です

皮膚が余る現象とは、関節面の凸部に皮膚がごわごわによってしまい、逆に凹部の皮膚がつっぱってひび割れてくる現象のことを言います。”皮膚余り現象”と、そう私は勝手に呼んでいました。皮膚がごわごわしたところは痒み《かゆみ》があります。そこは掻いても大丈夫です。落屑とともに痒みも治まり、皮膚余り現象も収まります。関節部分は突っ張って十分曲げられませんが、適度に関節を動かすことを心がけましょう。ストレスがたまったら、足裏マッサージが効果的です。

滲出液の対処方法|ガーゼやシャツ

この記事では、アトピーのステロイド離脱時に体内から出現する「滲出液」の対処方法について記す。 滲出液は日中よりも夜間に多い 滲出液は、昼間より夜間に多い。それは体内の血のめぐり(水の循環)が夜間帯に低下するためである。夜は一日の...
(free)marketfood_001

食事-蛋白質を積極的に摂取

記事をお読み頂いてありがとうございます。今回は、脱ステロイド脱保湿リバウンド期の食事について記します。 では早速見ていきましょう。   蛋白質多めの食事を中心に 脱ステ・脱保湿期間中は蛋白質を多めに...
chaspotnekata_001

ステロイド離脱 | リバウンド | 睡眠のとり方

睡眠時間について、阪南中央病院の佐藤先生に質問しましたら、「40分程度の睡眠時間でも脳は休めているから大丈夫。次第に睡眠時間が長くなるよ」と説明していただき、安心したのを覚えています。
laundry

滲出液のしみたシャツの洗濯は浴槽での粗洗いで概ねの汚れは取れ...

滲出液や痂皮(かさぶた)によごれた服は、いったん浴槽にはった湯船につけこみます。洗剤などは入れず、お湯だけ入れました。湯船に浸けこんで、洗濯機へ入れる前の粗洗いをします。滲出液がお湯に染み出て、赤黄色ににごります。痂皮も浮いてきます。浮いてきた痂皮は、垢取り用ネットですくいます。
chaspot_bath times during the period of the second syndrome

第二次リバウンド期の入浴時間と入浴回数の変遷

図1.第二次リバウンド期の入浴時間と入浴回数との変化図。  
(free)raindrop_001

水分摂取法-制限期はひと工夫で乗り越える!適量は尿の色で判断...

<要約>―――――――― ・リバウンド期間中、ひどく口渇を感じるが、その欲求にもとづく水分の過剰摂取は、低蛋白血症、滲出液量の増加に結びつく。 ・水分制限は、1000~1500ml/dayがひとつの目安となる(佐藤健二著『患者に...
(TCSWS)皮膚の回復_ステロイド離脱_日本語

皮膚の回復経過 | アトピー脱ステロイド

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({}); ステロイド離脱現象において、皮膚が快復する順序を記す。これはあくまで私の場合であるが、往々にして多くのステロイド離脱者が同じような経過を辿っているため、治癒経過としては概ね誤りではないといえよう。 1. 皮膚が赤...

科学のめざすところ_ステロイド離脱体験を通して

ステロイド離脱を客観的に認め合うことのできる社会が生まれれば、もっと住みやすい世の中になるかも...しれない
脱ステ室温管理

滲出液期の室温管理の方法は?

平熱は高くなるのに、悪寒がする・・・この不条理な体験を経るステロイド離脱での室温管理の方法とは?

アトピー脱ステ慢性期 赤みの変化 図解

アトピー脱ステの慢性期には、皮膚に赤く色が残ります。今回はこの赤みの変遷の様子を図解しました。ご参考ください。
滲出液量と生理現象の経時変化

ステロイド離脱における トイレと生理機能

滲出液が出ている期間は、排便・排尿の回数は極端に少なくなります。女性は生理が止まります。しかし、滲出液がおさまると、排便・排尿・生理は通常通りに回復します。この現象は滲出液が出ているあいだの一時的なものであると捉えましょう。