ステロイド離脱症候群|脱保湿と共に乗り越えた私の体験記録

8年に亘り塗り続けたアトピー性皮膚炎治療薬のステロイド外用剤、保湿剤からの離脱体験をもとに、離脱に必要なノウハウを提供しています。

Posts by chaspot

顔面、頭皮の脱ステロイド症状

顔、頭皮の症状は? アトピーの脱ステロイド現象
【疑問解決】 皮膚の赤銅色化の原因は何か?
 顔に亀裂があると生活で困ることは? ムーンフェイスの対処方法とは? ステロイド離脱で頭髪はどうなるか?

皮膚の回復経過 | アトピー脱ステロイド

ステロイド離脱現象において、皮膚が快復する順序を記す。これはあくまで私の場合であるが、往々にして多くのステロイド離脱者が同じような経過を辿っているため、治癒経過としては概ね誤りではないといえよう。 1. 皮膚が赤銅色に変

Continue reading…

科学のめざすところ_ステロイド離脱体験を通して

ステロイド離脱を客観的に認め合うことのできる社会が生まれれば、もっと住みやすい世の中になるかも…しれない

滲出液期の室温管理の方法は?

平熱は高くなるのに、悪寒がする・・・この不条理な体験を経るステロイド離脱での室温管理の方法とは?

アトピー脱ステ慢性期 赤みの変化 図解

アトピー脱ステの慢性期には、皮膚に赤く色が残ります。今回はこの赤みの変遷の様子を図解しました。ご参考ください。

ステロイド離脱における トイレと生理機能

滲出液が出ている期間は、排便・排尿の回数は極端に少なくなります。女性は生理が止まります。しかし、滲出液がおさまると、排便・排尿・生理は通常通りに回復します。この現象は滲出液が出ているあいだの一時的なものであると捉えましょう。

肘や膝の皮膚が余る現象、脱ステ脱保湿の特徴です

皮膚が余る現象とは、関節面の凸部に皮膚がごわごわによってしまい、逆に凹部の皮膚がつっぱってひび割れてくる現象のことを言います。”皮膚余り現象”と、そう私は勝手に呼んでいました。皮膚がごわごわしたところは痒み《かゆみ》があります。そこは掻いても大丈夫です。落屑とともに痒みも治まり、皮膚余り現象も収まります。関節部分は突っ張って十分曲げられませんが、適度に関節を動かすことを心がけましょう。ストレスがたまったら、足裏マッサージが効果的です。

『患者に学んだ成人型アトピー治療-脱ステロイド・脱保湿療法』佐藤健二著

脱ステロイド脱保湿療法が専門の阪南中央病院皮膚科部長 佐藤健二医師の著書『患者に学んだ成人型アトピー治療』のレビューをまとめました。読者の意見で多数を占めていたのは、「脱ステ脱保湿の指南書です」「家族の方にも読んで頂きた

Continue reading…

ステロイド剤の副作用で抜け毛

脱ステロイドの症状のひとつに「抜け毛」がみられます。滲出液の流出により、毛根部の保持性が弱くなることが原因と考えています。

リンク-医療関係者の学術論文・ブログ

この記事では、脱ステロイドに関する学術論文を掲載しているサイトを紹介しています。 (著者五十音順にて掲載) 「ATOPY INFORMATION」 http://www5c.biglobe.ne.jp/%7Eatopy/

Continue reading…